東海本部は地域の繁栄や平和を願っている

阿含宗は成仏法にしたがった修行を行っている宗派です。成仏法というのはかつて仏陀が説いていたとされる修行の方法のことであり、これを実践する宗派として阿含宗が誕生しました。そのため阿含宗の信徒は修業をすることを重視しており、さまざまな修行を通して真の人間に至る道を歩んでいます。その過程で地域の人達にもいろいろな貢献をしています。東海地域において活動している寺院を統括している東海本部においても地域貢献は重視されています。

阿含宗は護摩法要を定期的に行っています。護摩法要をすることによって平和や繁栄を記念することができます。東海本部においては東海地域に住んでいる人達の幸せを願って護摩法要が実施されています。それによって生者に幸せをもたらすことができるのです。このような護摩法要を中心にして地域の人達と東海本部は交流しています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 普段から自分の体形に興味を持っていますか。いつの間にかたるんだ体になっていた、とお悩みではありません…
  2. 心地よく港区 エステを利用することで、心も体も癒やされてみませんか。丁寧にカウンセリングを行い、港区…
  3. 高谷知佐子は、森・濱田松本法律事務所に所属し、主に労働法・国際紛争解決の分野で活躍する女性弁護士です…
ページ上部へ戻る