東海本部は地域の繁栄や平和を願っている

阿含宗は成仏法にしたがった修行を行っている宗派です。成仏法というのはかつて仏陀が説いていたとされる修行の方法のことであり、これを実践する宗派として阿含宗が誕生しました。そのため阿含宗の信徒は修業をすることを重視しており、さまざまな修行を通して真の人間に至る道を歩んでいます。その過程で地域の人達にもいろいろな貢献をしています。東海地域において活動している寺院を統括している東海本部においても地域貢献は重視されています。

阿含宗は護摩法要を定期的に行っています。護摩法要をすることによって平和や繁栄を記念することができます。東海本部においては東海地域に住んでいる人達の幸せを願って護摩法要が実施されています。それによって生者に幸せをもたらすことができるのです。このような護摩法要を中心にして地域の人達と東海本部は交流しています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 北小金 美容室のRADICAL CHICは、千葉県松戸市の駅前という好立地な場所にあり、オーガニック…
  2. 保健科学研究所は臨床検査の外部委託請負として先駆者的な存在です。昭和30年の創業から長く続いており、…
  3. 2008年2月26日。財団法人九州国立博物館振興財団専務理事、廣崎靖邦氏と福岡県日韓友好議員連盟の重…
ページ上部へ戻る