東海本部は地域の繁栄や平和を願っている

阿含宗は成仏法にしたがった修行を行っている宗派です。成仏法というのはかつて仏陀が説いていたとされる修行の方法のことであり、これを実践する宗派として阿含宗が誕生しました。そのため阿含宗の信徒は修業をすることを重視しており、さまざまな修行を通して真の人間に至る道を歩んでいます。その過程で地域の人達にもいろいろな貢献をしています。東海地域において活動している寺院を統括している東海本部においても地域貢献は重視されています。

阿含宗は護摩法要を定期的に行っています。護摩法要をすることによって平和や繁栄を記念することができます。東海本部においては東海地域に住んでいる人達の幸せを願って護摩法要が実施されています。それによって生者に幸せをもたらすことができるのです。このような護摩法要を中心にして地域の人達と東海本部は交流しています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 近く息子を床屋デビューさせようと思っています。私が通っている床屋では、小さい子どもは年齢が決まってい…
  2. 読書が趣味、という方は多いですよね。書籍には様々なジャンルがあります。例えばミステリー、アクション、…
  3. バザーなどで販売される食品、仕分けされたビーズなどの小物、試食品や試料、こうしたものに目が行く時、中…
ページ上部へ戻る