中込直樹が調べた山梨の食育や給食について

やまなし食育推進ボランティアについて
中込直樹は、山梨県における食育の現状について調べてみました。
現在、山梨県ではやまなし食育推進ボランティアが行われていることがわかりました。
山梨県では、食育を県民運動として進めていこうとしています。
その運動拡大のための試みのひとつが、ボランティア活動です。
食育推進ボランティアは、幼稚園や保育所、学校、あるいは地域社会において食育に力を入れたい時、ボランティアとして活動してくれる講師や指導者の方を紹介してくれます。
さまざまな方がボランティアとして登録しており、料理教室を開いたり、農業体験ができます。
「子供達に食の大切さについて教えてほしい」、「郷土料理の作り方について教えてほしい」といった要望に応じて、ボランティアが活動します。費用は無料。
中込直樹は、このボランティアの試みに関心を寄せています。
食育を実践するためには実際に知識や技術を教えてくれる人が必要不可欠。知識人が中心となってボランティア活動を支えてくれるのであれば、心強いと感じています。中込直樹はこちらの活動をこれからも応援していこうと思いました。

山梨の食育のイベントについて
山梨県では、食育に関するイベントが毎年たくさん行われていることを中込直樹は知りました。
中込直樹が気になったイベントを、いくつか紹介しましょう。
山梨県では毎年6月を食育月間としています。この時には食育月間パネル展を開催したり、やまなし食育フェスタや食育推進シンポジウムを開いています。
シンポジウムは、多くの方が参加。
賑わいに溢れています。県の方で率先して、食育のための機会をたくさん用意しているのです。
9月になると食の安全・食育推進月間が訪れます。
推進月間にも、食育推進大会やパネル展などが行われます。イベントや展示は、毎年の恒例行事となっています。
中込直樹は食育関連の豊富なイベント開催について、とても興味を持ちました。
毎年欠かさずに推進イベントを続けて、規模を拡大させることができれば、きっと県民の食に対する意識を高めることができるでしょう。とても価値のある試みであると中込直樹は評価しています。
今後もこのようなイベントは続けてもらいたいと思いました。老若男女さまざまな方がこれらのイベントに参加しています。毎年開催していることによって、食に関して定期的に考える機会を与えています。

給食関係について
中込直樹は、山梨県の給食についても調べてみました。
山梨県では毎年学校給食の実施状況について調査をしています。調査結果については山梨県のWebサイト上においてきちんと公開されています。
このような取り組みはとても価値のあるものだと思いました。
給食というのは子供達にとっては成長のための大事な栄養源。
必要な栄養素をきちんと摂取するために、情報の公開は必要不可欠です。その情報を調べることには、とても意義があると中込直樹は考えます。
山梨県では教育庁スポーツ健康課の保険給食担当が、給食の調査について取り組んでいます。
調査内容としては、各学校について完全給食なのかそれとも補食給食なのか、あるいはミルク給食なのかといったデータを収集。県内にあるすべての公立の小学校と中学校を対象として、責任を持って調査を進めています。

米飯の給食の状況についても、詳しく調査。
週に何回米飯が出るのかが調べられています。日本人の主食の米ばなれが話題になっていますが、米は長持ちするエネルギー源。成長期の子どもたちには、きちんと摂ってほしい大事な食糧です。米食の調査も、すべての公立の小学校や中学校で調しています。とても細かいデータを取得することに成功しているようなので中込直樹は安心しました。
山梨県の給食状況はとても信頼できるものだと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. img7372f6f2d06b8fe2f0f904ebaff4436dbdff668c12a5.jpeg
    会社で働いて感じる疲れをできれば家にまで引きずって帰りたくない。そのように思っている方に、会社と家の…
  2. とくとく便有限会社の年商は、今や3億円を軽く超えています。車両による輸送の会社ですが、現在の従業員は…
  3. 東堂一義は、水泳が好きです。幼いころからスイミングスクールに通っていました。習い始めたきっかけは母親…
ページ上部へ戻る