ICOの説明と香港スカイキングインターナショナルインベストメントの仮想通貨「キングスコイン」

仮想通貨やICO、ビットコインにブロックチェーン…?一度は聞いたことある単語ばかりではないでしょうか?しかし仮想通貨やICOに関して、興味はあるがどのようにして知識を深めたらよいのかわからない方も多いのではないかと思います。
そこで、今回お話する予定の「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」が開発した仮想通貨「キングスコイン」を紹介する前に、ICOについて軽く説明しようと思います。

ICOとはクラウドセール、トークンオークション、プレセールなどとも呼ばれることがあります。株式投資でいうと、IPOから変化をもたらしたものでクラウドファンディングの進化系ともとれます。新規未上場通貨を上場前に売り出すことで資金調達を行います。高いパフォーマンスが期待できるのと同時に、それ以上に高いリスクを伴います。
ICOなどは購入したら必ず儲かるという保証はなく、詐欺的な投機目的のものも存在しているのでしっかり学ぶことが重要だと言われています。ICOだけに限らず、仮想通貨投資全般に言えることですが非常に不安定な業界。マネーゲーム要素が強くリスクが高い。ICOに参加してもすぐに上場する通貨は少なく取引できないと仮想通貨としての役割を果たさず一生取引ができない可能性もあるのです。

ここまでデメリットを伝えたら、ICOを買うメリットって何?って疑問視する方も多いでしょう。見極めが難しいですが、多くの仮想通貨もIPOではなくICOだと考えると倍率だけはすさまじい。これらを見極めるにはホワイトペーパーをよく見ることが大切ですね。

さて、ICOのメリット、デメリットが良くわかったところで「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」が開発した仮想通貨「キングスコイン」についてお話していきましょう。

現実社会でも使用できる仮想通貨をミッションとしたプロジェクト、それが「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」が開発した仮想通貨「キングスコイン」です。特徴は、「リアルなビジネスと仮想通貨を繋げることが可能」、「長期間で生き残り続けることが可能な通貨設計」、「独自技術のノーボラティリティコイン」です。開発元である「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」のCEOはMa Hua(マー ホアー)氏でこれまで多数の上場企業で副総裁を歴任してきたキャリアがあります。経験豊富な頭脳を活かし「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」を盛り上げています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. スタジオスクエア水戸は茨城県水戸市城南にあるマンション物件です。鉄筋コンクリートによる強固な造りの物…
  2. タイで第3位のシュアを持っている二輪ブランドの「GPX」が、2019年に日本に進出することになり、バ…
  3. 心地よい空間で高砂 焼肉をぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。じっくりとこだわりぬいた食材を高砂 焼…
ページ上部へ戻る