久野修司が大切だと考える英語教育

久野修司は、高校で英語教師として活躍していたのですが、日本の英語教育に疑問を抱き退職、その後はフリーとして日本の英語力を考える時間を作っています。実際、久野修司が指摘しているのは、日本の英語教育の悪さではありません。日本の英語教育がもたらす問題を客観的に考えて、どのように改善して行けるのかを考えているのです。今、日本で英語が話せるという方はどれくらいいるでしょうか。おそらく国民の数割程度しかいません。英語教育を受けている人だけに対象を絞ったとしても、小学校から習っている方も話せない人がほとんどです。なぜ、日本では小学校から英語を学ばせているにも関わらず、大人になってからも話せない人が多いのでしょうか。その点について彼は考えた結果、教育体制はもちろん、さまざまな文化や考え方が関わっているという思考に至ったのです。
もちろん、日本の英語教育は改善できる点も多いです。まず、久野修司が考えている改善できる点としては、会話の面です。日本人は英語で話してと言われると動揺し、パニックになってあまり話せないという方が多いです。しかし、実際外国人はそこまで高いレベルの英語を求めているわけではありません。会話ができればそれで良いのに、日本人は完璧な英語で話そうとしてしまうのです。まず改善すべきは、完璧な英語で話そうとしないことです。日本は根本的に文法英語ばかり習わされているため、読み書きができる人は多いですが、実際に会話するのは苦手な人が多いです。だからこそ、まずは積極的に完璧じゃなくても話すというメンタルが必要となってくるのだと久野修司は考えているのです。

その他改善できる点としては、一生懸命相手に理解してもらおうとするという点だと久野修司は考えています。日本人はあまり自分の意見を主張しないように育てられてきた方が多いですし、恥の文化が根強いので「英語を話せないと恥ずかしい」と思ってしまう方が多いのです。しかし、一生懸命相手に自分の意志を伝えようとすれば、それを相手がしっかり理解してくれようとします。逆に相手に理解してもらおうとせず、ちょっとした英語の単語だけを並べて伝えても、相手は「何が言いたいのかわからない」状況となってしまいます。それを避けるために、とにかく会話することが重要なのです。
難しい言葉や巧みな文法などは必要ないので、とにかく発音して会話をしてみることが英語上達への第一歩だと久野修司は言います。それくらい、英語ではとにかく話すことが重要だということです。また、日本人の英語が外国の方に伝わりにくいのは、カタカナ英語が発達しすぎているからだと久野修司は考えています。カタカナでなんでも表記してしまう日本の場合、その発音が定着してしまうことが多く、結果的に英語なのに英語じゃない言葉が生まれてしまっているのです。それを繰り返しているうちは、英語教育が上達することは考えにくいです。もちろんカタカナを全て撤廃するということは無理な話なので、久野修司はカタカナと英語を分けて考えることの重要性を説いています。確かにカタカナなのに英語と区別して発音すれば、同じものでも伝わり方は全然違ってきます。

日本人の英語力は決して低くはありません。英語の読み書きだけで言えば、世界にも通用するものがあります。しかし、発音の段階で躓いてしまう方が多いため、その点はしっかりと教育していくことが必要となると久野修司は考えています。今後、日本の英語教育は改善できる点も多いです。それも、改善するのは決して難しいことではないと言って良いです。英語に触れる機会をより一層増やし、言葉として発することによって、英語を身に付けて行けば、誰もが英語を話すようになれるはずです。もちろん、言語習得というのはとても簡単なことではないので、その点も肝に銘じて勉強することが必要となるでしょう。英語に触れる機会が少ない日本では、もっともっと海外の人と話す機会を作り、英語を使わなければならない状況を作りだしていくことが必要となります。
そうすれば、日本人の英語力はぐっと高くなっていくのではないでしょうか。彼が考える英語教育とは、常に英語に触れ、常に英語の会話をすることです。決して難しい文法を使えとは、彼は言っていません。簡単な英語を並べて、それによって意思疎通するようにできれば、後は文法などめちゃくちゃでも通じることはあります。きっちり教育しようとしすぎて、逆にネイティブな教育になっていないのが、現代の日本の英語教育だと言えるのではないでしょうか。質自体は高いと言って良いので、久野修司が今後何かしらの英語教育の発想を持ち、現代の英語力を改善してくれるかもしれません。一教師に考えられることは少ないと考えている彼ですが、その的を射た教育への情熱は、今後の英語教育に必須だと言っても良いのではないでしょうか。日本の英語教育はまだまだ伸びるはずです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 私は12月に初めての出産を控えています。現在は、出産準備のため多忙な毎日を送っています。初めての経験…
  2. アヴァンスグループにはシェアハウス事業やゲストハウス事業など不動産関連の事業を手掛ける会社も数多くあ…
  3. たまにはゆっくりと一人ご飯をしたい、そう考えている女性も多いのではないでしょうか?けれど気軽に一人で…
ページ上部へ戻る