谷尾和昭の苦手な物

ハーバード大学に在籍している谷尾和昭。
これだけでも相当頭の良い人間なのだなと分かるかと思いますが、谷尾和昭は知的好奇心がとても強い人間です。勉強を努力ではなく興味のあるものだと捉えているだけにいわば天才肌なのかもしれません。
そんな谷尾和昭ですが、苦手なものもあります。それはダイエットです。決して太っているというほどではないにせよ、彼自身は少々ダイエットをしたいと思いつつ苦手意識があるようです。

ダイエットと勉強なら勉強の方が断然好きと言える人はなかなかいないものですが、彼はダイエットが苦手というよりも食べるのが好きなために、ダイエットをもったいないと思っているようです。大好きなグルメを我慢してまで行うダイエットに意味があるのか。そのような葛藤もあるようです。
そんなダイエットに苦手意識を持つ彼ですが、それに安心している周囲の人間も多いようです。

なぜなら谷尾和昭は何をやるにせよ完璧。例えば彼の特技はけん玉なのですが、決して誰かに習ったわけではなく、見よう見まねでかなりの腕前にまで成長しているのです。
それだけに、ダイエットが苦手だと聞いて谷尾和昭にも苦手な物があるのかと思った人や、人間味を感じるなと思った人もいるようです。
しかし、中学時代の彼を知る人たちにとっては、谷尾和昭ほど人間味のある人間はいないでしょう。

それもそのはず、実は中学時代の彼はヤンキーだったのです。中学生レベルのヤンキーですので、何をしたと言えば可愛いものではあるものですが、周囲からは恐怖の対象として見られていたのです。
ハーバード大学にいるという事実から、小さい頃から勉強一筋で頑張って来たのだろうと思っている人も多く、天才肌なので気軽に話しかけてはならないタイプの人間なのではないかと思う人もいるようですが、むしろ谷尾和昭は中学時代はヤンキーで多くの仲間と一緒にいただけに、社交性はとても高いのです。

決してガリ勉タイプではなく、高校に入学してから勉強にハマったおかげで勉強の成績が高くなったのです。そのため、ダイエットが苦手と聞いても中学時代の友人は特に不思議には思わないでしょう。むしろ食べるのを辞めろと明るく突っ込んでくれるのです。高校時代以降の友人、特に大学に入学してからの友人にとってはダイエットが苦手だと聞くと、天才でも苦手なことがあるのかと驚くかもしれませんが、もしかしたら谷尾和昭はダイエットだけではなく、他にも得手不得手がたくさんあるかもしれません。その点では人間味のある男なのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 東堂一義は、水泳が好きです。幼いころからスイミングスクールに通っていました。習い始めたきっかけは母親…
  2. 本格的なお酒が堪能できる大分市 バーはご存知でしょうか。数ある大分市 バーでも、大人の時間が過ごせる…
  3. 自分の時間を一人で過ごしたい、そんな夜もあるはずです。自分の心に向き合える志免町 バーで時間をゆった…
ページ上部へ戻る