初鹿明博が考える理想の社会

img546173c1a481e0234a09d93bcfd8a91c6c5e1d4dd5fd.jpg

初鹿明博という政治家
初鹿明博という政治家をご存じでしょうか。民進党に所属する議員で、国会における切れ味鋭い指摘や質問が高く評価されている議員でもあります。自らの信念を決して曲げない強い意志と志を持つ人物であり、かつて民主党の方針に反旗を翻したこともありました。その代償として党員資格の停止というペナルティを課せられることになりましたが、初鹿明博にとってそのようなものはまったく関係のないことでした。初鹿明博は結局民主党を離党しますが、その時田中美絵子議員が涙を携えながら彼を引き留めたのは知られた話です。田中美絵子衆院議員ほどの方が涙を溜めながら引き留めるほど党にとっては重要な人物でした。

すべての平等について質問
若者だけが満足するような世の中では意味がありませんし、高齢者だけを優遇するような世の中でもいけません。若い者と高齢者、どちらかを極端に優遇するような社会であってはこの国はこの先進歩しませんし、その歪みはやがて大きくなり取り返しのつかないことにもなるでしょう。初鹿明博は若者から高齢者まですべての方が感じられる平等を実現すべきだという考えを抱いていますし、実際に国会の予算委員会で質問を行っています。

初鹿明博が提唱したのは給付付き税控除等の導入、所得控除の見直し、家賃補助制度の導入です。低所得者に配慮した再配分に関する総合的な政策を行うべきであると述べると同時に、高所得者のほうが税金が割り引かれる金額が大きいのは見直すべきであると述べたのです。特に後者については誰もがそのように考えていましたし、特に低所得層の方は不満も大きかったのではないでしょうか。また、公営住宅の建て替えではなく家賃補助の制度を確立するべきだとも彼は述べました。

理想的な社会を実現するために
初鹿明博が考えているのは理想的な社会の実現です。そのために予算委員会で所得格差や医療費控除、公営住宅などの件について質問を繰り広げました。所得格差が広がっていることは大きな問題の一つではありますが、では国はどのようにして低所得層を守っていくのかを考えるべきであると彼は言っています。高所得者のほうが税金が優遇されるような現実は望ましくないと考えていますし、この考えは多くの国民の賛同を得ました。

彼が唱えることはいつも国民の生活がもっと豊かになり理想的な社会になるための道標です。決して不思議なことを言っているわけではありませんし、政治家として当たり前のことを言っているにすぎません。もっと多くの政治家に彼のような考え方を持ってほしいと筆者は思います。

東京鹿優会
http://www.hatsushika.net/

関連記事

ピックアップ記事

  1. img375056ecdd86fefa6d0b1b6d7f65c06f10c05733457d.jpeg
    女性にとって女性にとって目元は特に気になる顔のパーツですよね。ボリュームのあるまつげに憧れている方も…
  2. やまなし食育推進ボランティアについて中込直樹は、山梨県における食育の現状について調べてみました。現在…
  3. img2064a81d867804590217118fcb51561953a4703363d2.jpeg
    私も二人の子供たちを塾へ行かせましたが、やっぱり選び方には悩みました。塾に行きたいという子供たち自信…
ページ上部へ戻る